7月26日 鮎釣行記in厳木川
7月26日 厳木川 5月25日 5月28日

「厳木川へ行けば数は狙えるよ!!偏光で見たら15〜18cmの鮎がウジャウジャいるよ〜I君今日は記録更新!!」なんて向かう車の中でのテンション上がりっぱなしの2人・・・
というわけで今年から鮎釣を始めたI君と厳木川へ釣行。
今日はレッスンレッスンですのでゆっくりした鮎釣りです。


しかし到着するとビックリ!!季節はずれの台風の影響で川の流れは変わっているし「小型、数釣り」が本来の厳木川が偏光グラスで川を見てみると数は少なく、かわって大型ばかり・・・
違う・・・大型がポツポツ。
「ちょっとやる気が下降気味。」I君に今日は数を釣らせたかったから厳木川へ来たのに!!
でもI君、デカイ鮎が岩盤でヒラを打つ姿をみて興奮気味!!「やるしかないでしょう。」
「でもね、岩盤で見える鮎を釣るのは非常に難しいのよ。ある程度攻めて釣れなければきっぱりあきらめれば良いのにいつまでも大型が見えるからついつい粘って時間をロスしてしまうのよね〜。」
そんなこんなでスタートし幸先良く3匹ポンポンと釣れたから今日は良いかなと思っていたら午後から水が濁りだしスローダウン、それでもI君は粘り何とか2桁達成。
最大24cm・・・九州の鮎で考えたら普通サイズかも知れませんがアベレージ18〜21cmクラスの鮎を釣っている僕らにしては大型でした。


TOP