7月28日 鮎釣行記in市内の河川
7月28日 市内の河川 5月25日 5月26日

今年から鮎釣りを始めるОさんとレッスンレッスン。
釣りには色々な魚種を狙う釣り方がありますが、こと鮎釣りに関しては「マニュアル・ビデオ・雑誌」などを読んだり見たりして覚えることは非常に時間を要します。
そこで僕の出動です!!

朝7時に待ち合わせ、基本的なことからレッスンです。
一番の難関・・そう、この川にオトリ屋さんはありません。だから自分でどうにかして最初の一匹を釣らなければなりません。
そこで便利なのが「鮎ルアー」本物にはかないませんが十分役割を果たしてくれます。
早速、鮎釣り開始!!




「先ずルアーをここぞ!!という場所に沈めて狙います。」でも内心はオトリが釣れるか心配。釣れないときは何時間も掛かりますので・・・
「ゴツゴツ」
ほんとに嘘のようですが1分位でヒット
一安心の僕「ま〜こんな感じで釣ります・・」めちゃめちゃうれしいけどクールに流す。

オトリが変われば鮎釣りは変わります。小型の鮎に鼻カンを通し野鮎の待つポイントへ泳がせるとスコ〜ンといい当たりで1匹・・・2匹・・3匹、大体の流れを見てもらったのでいよいよОさんにバトンタッチです。
剣道をやっていたというОさん、竿の持ち方はバッチリですが肩に力が入りすぎています。
それでも梅雨明け後の川、鮎の活性が違います。やる気のある鮎がガッツ〜ンと掛かります。1匹・・・2匹目・・・だいぶ同じポイントで釣れたので場所が荒れてきたようです。
ポイントを移して泳がせ釣りです。
透明度の高いこの川、おとり鮎に野鮎がアタックしてきて掛かる瞬間が見えます。
「これぞ鮎釣りの醍醐味」と張り切りますが鮎がスレているのかなかなか掛からず昼過ぎに終了
今日は午後から自分も仕事のため午前中のみのレッスンでしたので本格的に釣れだす午後からの釣りができませんがそれでもポイントへのアプローチの仕方、鼻カンの通しかた、泳がせ方など色々覚えてもらうことが出来ました。
今度は2桁目指してがんばるぞ!!



TOP