ウキの本 2
001. 江頭ウキとスーパーテクのすべて
釣師と魚との呼吸を合わせるウキ、そのバランスはかくのごとく。
仕掛けを運びポイントを決めそのシグナルを発するウキである。円錐ウキが徳島で大流行、これをやや細長く改善したものを浮力をゼロにして、食い込んだときの抵抗をできる限り小さくし、シビアな条件を満たす。

江頭ウキ・エキストラ 江頭ウキ・スペシャル 江頭ウキ・スルスル

ガン玉がなくてもここまで沈む
 

ガン玉をつける分の余裕が
あるためやや余浮力が大きい

喫水はエキストラとかわらず
ギリギリまで沈む
オモリ負荷はいずれもゼロ。FF〜4Bという表示は、スペシャルと同じサイズだということを意味している。 ( 固定・移動という区分は単なる目安にすぎない )
* スペシャルとエクストラはまったく同じ形をしている。
オモリ負荷はB〜3B程度
* スルスルタイプは内蔵オモリを大きくしたい関係で、下部にふくらみを持たせている。

張って食わす!! タナはウキからエサ迄ではない!! どれが一番食いがいいか?

ライトハウス出版のサイトを表示する

このページを閉じる
九州釣り情報は株式会社ルミカが運営しております。 www.lumica.co.jp 株式会社ルミカのサイトを表示する