実践仕掛け集 − 絶対に役に立つ! 魚種別実践仕掛けをご紹介します!

実践仕掛け : アジ編



 マアジには潮通しのよいエリアを広く回遊するタイプと、年間を通じてエサの豊富な場所から動かない居着きのタイプがあります。
 回遊タイプのマアジは体高が低くて黒みがかっており、中型以上になるとイワシなどの小魚を追うようになります。アジングでヒットするのはほとんどが湾外から湾内に入り込んだ回遊性のマアジです。
 栄養と運動の両方が足りた居着きのマアジはふっくらとしていて黄色っぽいのが特徴です。黄アジまたは金アジと呼ばれ、最大で60cmを超えるまで成長します。素手で魚体に触れない、鮮度を保つための神経絞めを施すなど、徹底した管理からもたらされる食味の良さで有名な関アジはこのタイプです。栄養が豊富とはいえ居着きのアジは多くありません。漁獲量が少ないからこそ一匹一匹に手間を掛けられるとも言えます。

[ 写真下 ] マアジと他の種類のアジは尾柄部の小離鰭で見分ける。胴体と尾ビレを繋ぐ細い部分に独立した小さなヒレ(小離鰭)を持たないのがマアジ。

【 アジ : アジ磯フカセ 】
 身近な港湾で釣れるためお手軽な印象を持たれているアジですが、中型以上になると本格的な磯釣りの対象になります。アジとはいえ青物の一種、数釣りができる夜アジなら、その力強い引きを何度も味わうことができます。
 アジの泳層は深く、船から釣るときは昼でも夜でも海底近くでヒットします。ところが磯釣りの場合は、マキエと ケミホタル の光に反応して活性が高くなり、海面近くまで浮いてきます。フグがいるときはハリスに若干の余裕が必要ですが、基本はウキ下2mくらいの短さで充分です。2.5号あれば一晩中マアジを釣りまくっても朝まで交換せずに済みます。

■  見やすい球型ヘッド - ウミホタル | 魚の喰いが違う! 光るハリ - ケミブライトフック  ■

ウミホタルウミホタルのご購入はルミカショップからどうぞ  ケミブライトフックケミブライトフックのご購入はルミカショップからどうぞ

【 アジ : 堤防からの底カゴサビキ 】
 オモリ一体型のカゴを仕掛けの先端に取り付けるのが底カゴ仕掛けです。重心が一ヶ所なのでトラブルが少なく遠投にも適しています。カゴにマキエを8分目ほど詰めて仕掛けを投入し、目的のタナでマキエを振り出したら、その煙幕の中にサビキ仕掛けを入れてアタリを待ってください。
 入れ喰いになったらマキエを緩めに詰めると、カゴが沈んでいくときに放出されたマキエを追って、そのまま仕掛けが入っていくので手返しが速くなります。簡単にみえる釣りですが、タナの取り方や追い食いのさせ方、オマツリの防止など、釣人の腕前によって釣果には歴然とした差が表れます。

【 アジ : 船釣りの底カゴ 】
 吹き流し仕掛けではカゴから振り出されたマキエとツケエの同調が釣果を左右します。マキエの出る位置を一定に保ち、その帯の中にツケエのついたハリを入れるだけなのですが、大アジの場合は、マキエの中でほとんど動かずに居食いをするためアタリが出ません。ほかの人に大アジが釣れているのに自分だけ釣れないときは、仕掛けを少し持ち上げてマキエの帯から出してやってください。すると大アジは、ハリについた大きなオキアミの誘惑に負けて、マキエから出てきてエサを喰います。エサをくわえてまたマキエの帯の中に戻るときに鮮明なアタリを出すことができます。

■  夜釣りはこれがないと始まらない - ケミホタル | サビキ仕掛けに簡単セット! - アジホタル  ■

ケミホタル20 ケミホタル25 ケミホタル37 ケミホタル50 ケミホタル75ケミホタルのご購入はルミカショップからどうぞ  アジホタルアジホタルのご購入はルミカショップからどうぞ



【 アジ : アジング 】
 トランスモーション は、自重の軽いジグヘッドリグを遠投するためのアシストパーツです。仕掛けに負担をかけない3.8グラムと軽量ながら、ジグヘッドの自然なアクションを損なうことなく、竿抜けのロングレンジを攻略することができます。仕掛けが水平に沈むようにリーダーの長さを調整してください。水平リブがもたらす微波動が喰い渋りに優れた効果を発揮します。陽が落ちてからは ケミホタル25 の光をインジケーターとしてお役立てください。
 カウントダウンでタナを取るには、足下の海中が見える場所で秒数を数えながら沈降させて、1秒間に何cmくらい沈むか測っておきます。キャストすると海面に浮いたPEラインが海中に引き込まれて行きますが、ジグが着底するとラインの動きが止まるので、その秒数でおよその水深を測ることができます。メバルを釣るときはタダ巻きで、アジの場合は仕掛けを引いて浮き上がらせてはフォールを繰り返して上下に探ってください。

 
◎ 貫通パイプにテンビンの機能があるため投入時にラインが絡まない。
◎ 低重心設計でローリングしないからラインが縒れない。スイベルなしの直結が可能。
◎ 向かい風でも平気。遠投性が高くなるので沖目の竿抜けポイントを攻略できる。
◎ 引きオモリ抵抗があってラインを張れるのでアタリが出やすい。
◎ 水平にゆっくりと沈降するため浅場でも喰わせる時間を与えられる。
◎ 風でラインスラッグが出ても、トランスモーション が海水を捉えてテンションがかかるので、コースを外れることなくポイントをタイトに攻めることが可能。
ケミホタル25 をセットすれば、夕闇の中でもテトラなどの障害物を回避できる。堤防では足もとのヒットゾーンまでサイトでコントロールできる。

■  ティザー効果&微波動でターゲットに強力アピール! - トランスモーション  ■

トランスモーショントランスモーションのご購入はルミカショップからどうぞ

九州釣り情報は株式会社ルミカが運営しております。 www.lumica.co.jp
copyright (C) 2000-2013 LUMICA Co., Ltd. - Kyushu Fishing Information Service. all rights reserved.