福岡県北九州若松・遠賀響灘埋立地・北緑地
釣り人の間では新波止で通っているが、昔はこの一帯が埋め立て前で防波堤だったころの名残だ。今では新波止とはテトラで護岸されている岸壁の西端から沖に伸びている防波堤のことをいう。風車の立ち並んでいるテトラの岸壁付近は北緑地と案内されている。
緑地の北側一帯は全面的にテトラが投入されていて、いたるところがポイントとなっている。テトラの上からの竿出しになるので足場は悪い。行動には十分注意しよう。狙える魚種も豊富で釣り方も多種多様。釣り人はそれぞれのお気に入りの場所で竿をだしている。フカセ釣りはチヌ、メイタ、クロ、バリ釣りが中心だ。カゴ仕掛けの遠投でアジやクロを狙っている釣り人もいる。小物狙いではアジゴ、メバル、サヨリ、カワハギも多いところだ。投げるとキス、小ダイがヒットする。テトラの隙間を狙った穴釣りではアラカブやクジメ。エギングではミズイカ。ルアーマンもヤズやサワラの回遊シーズンになれば集まってくる。とにかく何でも狙える魅力的な釣り場である。
少し遠いが新波止まで足を伸ばせば30センチ級のクロ、メバルやアジの良型も期待できる。投げ釣りではキス、マダイもヒットする。

チヌ、メイタ、クロ、メバル、タナゴ、バリ、アジゴ、ボラ、小ダイ、キス、アラカブ、セイゴ、スズキ、サワラ、ヤズ、カマス、カワハギ、ミズイカ

5〜6メートル先くらいまでテトラが沈められているので、チヌやクロはその先を狙うことになる。きちんとポイントさえ作ればクロはいたるところで釣れる。ただし、エサ盗り対策はきちんとしておこう。アジゴやフグの襲撃にはパン粉をマキエに、パン粉の付けエサが効果的だ。ダンゴやムシエサも必要となる。シーズンになれが白サバフグの良型も釣れはじめる。ハリスを太めにして狙えば最高のお土産になる。
広大な釣り場なので本格的にクロを狙うのであれば、釣り人の少ないところまで足を伸ばすこと。その点でいうならば新波止は最高のところだといえる。エサ盗りをきちんと分断して狙ってみよう。梅雨頃から秋口までは1ヒロ前後のタナでクロは食ってくる。チヌ狙いの場合は竿1本〜1本半の間で干満にあわせて調整してみよう。

北九州市若松区・響灘埋立地の中を走っている国道495号の安瀬交差点から海側に進む。運河に架かっている響灘大橋(通称:青い橋)を渡り、さらに直進して進むとコンビニの先に北緑地の駐車場入り口がある。周辺で魚が釣れているときは駐車スペースがなくなってしまうほど混雑する。
右側は沖波止方面に続き、左側は新波止にいたる。ここから新波止までは歩いて20分以上かかるので、道具類はシンプルにまとめてハンドキャリーで転がしていく方法がベスト。
このページを閉じる
www.q.turi.ne.jp | copyright (C) 2000-2012 Kyushu Fishing Information Service. - LUMICA Co., Ltd. all rights reserved. | www.lumica.co.jp