株式会社ルミカのサイトへ
九州釣り情報トップページへ

熟成と腐敗

 魚の身肉の中には、呼吸によって作られ、筋肉の収縮や発熱に大きな役目を果たすATP ( アデノシン三リン酸 ) と呼ばれる物質が含まれています。ATPは鮮度に直結する成分であり、分解して時間とともに増えてくるイノシン酸 ( 旨味成分 ) とヒポキサンチンの割合は、鮮度の低下をあらわす指標 ( K値 ) としても利用されています。
 生きている間は筋肉が疲労しても、呼吸によってATPが補給され、また元の状態に戻ります。しかし、死んでしまって新しいATPが来なくなれば、細胞内の成分を消化するしかありません。
 ATPが枯渇すると筋肉を構成するタンパク質のアクチンとミオシンが結合します。これにより死後硬直が始まり、ADP → AMP → IMP → HxP → Hxへと一方通行の自己消化反応が進みます。
 魚肉は死後硬直後から細胞内の酵素が働いて、旨み成分のイノシン酸が増えてきます。これは人間にとって都合がよい反応なので 「 熟成 」 と呼ばれます。
 硬直が解けてからは、消化器の中にいた細菌や、外部から付着した細菌の持つ酵素によって分解が進みます。これが 「 腐敗 」 です。
 死後硬直に入るまでの時間を遅らせ、硬直している間も低温にして自己消化を抑えることが、鮮度維持の重要なポイントになります。
 釣られたまま常温で放置されて死ぬことを苦悶死と呼びますが、死ぬまでの間にATPが急激に消費されるため、すぐに死後強直が始まってしまいます。苦悶死と反対に、生きている状態から即殺された魚は無駄にエネルギーを消費していないため、身肉中にまだATPの含有量が多く、死後硬直が始まるまでの時間を延ばせます。
 ATPは筋肉のエネルギー源です。魚を肉体的、精神的に疲労させることで貴重なATPが消費されます。浪費を防ぐには、鈎がかりしたらストレスを与えないよう、また余計な運動をさせないように、できるだけ短い時間で取り込んでください。
 産卵直後や栄養不足で痩せたアジはもともとのATP量が少ないため死後硬直が早く始まります。太ったアジや大型アジの場合は、筋肉の絶対量が多いだけに、硬直が始まるまでの時間にゆとりがあります。

赤身魚は足が速い

 アジやサバ、サンマなどの赤身魚 ( 青魚 ) は水分が多いために身が柔らかく、積み重ねたりすると身崩れしてしまいます。魚屋さんの店頭で、ブリやマダイは氷の上に置かれているのに、アジやサンマは氷水を入れたコンテナに浮かべられています。これは水に浮かべることで、外部からの衝撃を避け、魚同士の重さで身が傷まないようにしているのです。

 赤身魚は死んでから死後硬直にいたるまでも、硬直が解けて腐敗するまでの時間も速いので取り扱いには注意が必要です。
 アジやイワシなどの大衆魚を船で大量捕獲する場合は、一匹一匹活き絞めにする余裕がありません。そこで海水氷のイケスに入れて一気に腹の中まで冷やします。この方法だと魚体に傷がつかず、店頭で並べたときの見栄えもいいのですが、実際には網の中で圧死して身割れする危険があります。ストレスによるATPの減少も見逃せません。
 ところが釣魚の場合、一回に釣れるのはせいぜい3〜4匹なので、すばやく首を切って血液を抜くことが可能です。
 船釣りならイケスに入れておいて帰港するときにまとめて絞めれば鮮度が保たれます。ただし、釣り上げるときにラインに絡まったり、鈎外しに手間取ったりで疲弊したアジは、口が開くことがあります。このようなアジはATPが枯渇して食味が格段に落ちるので、目印をつけて刺身用とは別に処理してください。

 魚は窒息死することでも食味が低下します。死ねば血が抜けなくなり、身に滞留した血液中の様々な酵素によって生臭くなるので、元気に生きている間に絞めて血抜きをしてください。腐敗しやすい血を抜いてしまえば美味しく食べることができますが、死後硬直を遅らせる効果まではありません。
 そこで神経を破壊し、鮮度のいい状態を長持ちさせるのが「神経締め」です。脊椎骨の各位置から出た神経が、その位置の筋肉の神経につながっているので、魚の全長を締めてしまう必要があります。これは、針金を通して行くと、先端が達した部分の筋肉が順番にビリビリと震えることでも確認できます。     

神経絞めは鮮度保持の高等テクニック

 神経絞めは、業者さんが魚を絞めてからトラックに乗せ、刺身になって食卓に並ぶまでの、やや長い時間の鮮度保持を目的とした処理技術です。脳が死んだあと、まだ生きている脊髄がATPを消化しますが、この消費を抑えることで、死後硬直の始まりが遅くなり、新鮮さを長持ちさせる効果があります。
 神経絞めすると、身肉にたっぷりの栄養成分が残るため、なにも処理しないよりはるかに美味しく食べることができます。が、ただ栄養のムダ使いを押さえるだけなので、きちんと処理して、きちんと熟成したときのMAXの食味より、さらに美味しくなる訳ではありません。  
 締めてすぐに家に持って帰って食べるなら必要な処理ではなく、また、わざわざ神経絞めしても、その後に冷やしすぎれば何の意味もありません。
  生き絞めで血液を抜くだけにしても、さらに神経絞めをするにしても、温度管理次第で食味は大きく変わってきます。神経絞め単体ではなく、絞めたあとの温度管理までをトータルで行ってこそ、狙い通りの効果を発揮できるのです。

脊髄は第二の脳

 脊髄には、大脳からの指示を体に伝える役目のほか、とっさのときに大脳で考えるまでもなく、反射的に体を動かせる原始的な中枢神経としての役割もあります。
 魚は、頸の骨を断ち切って絞めたつもりでいても、まだ脊髄の神経が生きていてエネルギーを消費します。絞めて30分くらい経ったころに、クーラーボックスの中で突然バタバタと暴れ出すのは、この脊髄が生きていたからに他なりません。筋肉が動けば体温も上昇し、ATPも消費してしまいます。そこで、死後も独立して働く脊髄をつぶして無駄なエネルギーの浪費を防ごうというのが神経絞めです。
 血抜きしただけなら、およそ4〜10時間で死後硬直が始まって、解硬から腐敗へと進むところが、神経を破壊することで魚のゾンビー化を防ぎ、硬直を最大で24時間近く遅らせることが可能になります。直径約φ1mm、長さ30cm程度のステンレス鋼の針金を用意してください。ピアノ線でも大丈夫です。先端はカドを取るくらいで、決して尖らせないようにしてください。尖らせると脊髄から逸れてしまいます。

やれば出来るぞ。神経絞め!

 身崩れさせないためにはスポンジマットがあれば完璧です。マットの上に乗せればバタバタ跳ねることもなく、硬いマナ板と違って身が弾けるのを防げます。魚が陸の上で尾をビビビッと激しく動かすと、これは無負荷状態のエンジンの空ブカシと同じで、海水の抵抗がないために回転が上がりすぎて身割れの原因になります。過大な運動によって筋肉中のATPが枯渇し、あっという間に死後硬直が始まってしまいます。

 手からの体温を伝えないための手袋、または薄手のスポンジを用意してください。生きた魚を直接手で握ってイケスに入れると、2〜3日後か、早ければ数時間後には、握った手の形にウロコが浮き上がり、皮が白く変色することがあります。火傷をさせないよう、つよく握らないように注意して、エラ蓋の上の黒い模様を目印に、よく切れる刃物で思いっきりよく骨を断ち切ります。
 

 絞めるときも直接魚体に触れてはいけません。頭を折り下げ、背骨の上にある白い脊髄の中に、背骨に沿って針金を差し込んでください。針金の先が逸れたり、進まなくなったりするので少し苦労しますが、針金を上下に抜き差しして、すでに死んでいるはずの魚がビリビリと痙攣すれば成功です。脊髄まで完全に殺せば旨み成分の消費を抑えることができます。
 


魚は死ぬと発熱する!?

 神経を破壊したら、エラが開くような感じで魚体を押し曲げ、血液を排出してから海水氷に漬けます。魚は死ぬと、筋肉中のグリコーゲンが乳酸に分解する過程で発熱し、そのままにしておくとわずか数分間で肉質が落ちてしまいます。これを防ぐため、神経抜きすると同時に海水氷に入れるのですが、あまり急激に冷やすとこんどは筋肉が収縮して死後硬直が早まり、せっかくの神経絞めが無駄になってしまいます。
 魚の体温と氷水の温度差が大きいほど硬直が速く進むので、神経抜きの後、キンキンに冷えた海水氷に長時間漬けることは避けてください。
 海水に氷を入れただけでは水温が下がりすぎることと、浸透圧勾配の大きさから肉質が変化するので、海水の半分くらいの量の真水を混ぜるといいでしょう。水は空気の数百倍の熱量を持っているので、海水よりも3℃以上低ければ大丈夫です。魚体の大きさに応じてそのまま5〜10分ほど漬けておけば、発熱が押さえられると同時に、傷みやすくて雑味を含んだ血液が抜けて透明感のある身肉になります。

クーラーは氷詰めにしない

 あとはクーラーに入れて持って帰るだけですが、このときも氷の入れすぎはいけません。
 魚体に直接氷を接触させると氷焼けや、水分の浸透によって味が鈍るおそれがあります。とくに神経絞めは頸の切断面が大きいため、旨みが流出しやすいので、一匹ずつ濡れた新聞紙に包むか、またはビニール袋に入れた氷を新聞紙で包んで間接的に冷やすようにしてください。
 ATPの減少を最小限に食い止める温度は意外に高く、クーラー内の室温5〜10℃がベストになります。これでいいのかと思うような温度ですが、氷漬けの場合より、表面の色つや、身肉の弾力性ともに良好に維持されます。
 自宅に持ち帰って食べた残りは冷蔵庫で保存します。もし手で持ち上げてみて、ダラリとせず、カチンと立つようなら死後硬直に入った証拠なので、0℃の氷温室に移してください。体表の雑菌の繁殖が抑えられるとともに、魚肉内の酵素が不活性になることで、硬直が解けるまでの時間を延ばすことができます。

★ アジは青魚の赤身魚 ★

 長距離の回遊をするマグロやカツオは、筋肉に絶え間なく酸素を供給する必要があるため、陸上の動物と同じようにヘモグロビン ( 註1 ) とミオグロビン ( 註2 ) が含まれた赤い身肉をしています。このような赤い筋肉は遅筋繊維と呼ばれ、一定強度の運動を長時間持続する能力が優れています。
 反対にカサゴやヒラメなど、狭い海域に根付いてあまり移動しない魚種にはヘモグロビンもミオグロビンもあまり含まれていません。底生魚の白い筋肉は速筋繊維と呼ばれ、持久力は期待できないものの、エサを襲うときには瞬発力を発揮します。
 アジやイワシ、サバなどの表層魚は、水産資源上は浮き魚 ( 註3 ) に分類されます。紫外線を防ぐために背中の色が青っぽいことから、一般的には青物とも呼ばれますが、これらの魚類はマグロと同じ赤身肉の仲間に分類されます。赤身も白身もタンパク質の量に違いはありません。
 サケが白身魚 ( 註4 ) だということはTVのクイズ番組などでお馴染みだと思います。赤身と白身を分けるのは身肉の見た目の色ではありません。サケの紅色は、エサといっしょに取り込まれた色素成分のアスタキサンチンに由来しており、身肉100g中に含まれるヘモグロビンとミオグロビンの量が10mg以下なので白身魚に分類されます。
 アジはヘモグロビンとミオグロビンが10mgを超えるため赤身魚に分類されます。しかし、大規模な回遊をしないためマグロほど真っ赤な色ではありません。アジの食味は赤身魚と白身魚の両方を備えていて、釣れたばかりで新鮮なアジはタイのような白身魚の味がしますが、1日半が経過すると旨味成分のイノシン酸の含有量が1.5倍に増え、赤身魚に近い濃厚な味に変化してきます。
[ 註1 ] ヘモグロビンは赤血球の中にある色素タンパク質。酸素分子と結合する性質を持ち、全身へ酸素を供給する役割がある。

[ 註2 ] ミオグロビンはヘモグロビンから酸素を受け取って筋肉内に貯蔵し、必要に応じて血液に供給する。どちらも鉄を含む色素タンパクなのでマグロやカツオの身は赤い色をしている。

[ 註3 ] 底魚はカレイやヒラメ、スケトウダラ、マダイ、タコなど。浮き魚にはイワシやアジ、ブリなど回遊性の魚類を含まない。

[ 註4 ] 日本人は赤色のつよいサケを好むため、ノルウェーなどの輸出国ではアスタキサンチンを多く含むフィッシュオイルや、製薬会社が作った人工アスタキサンチンを与えて赤色を濃くしている。アスタキサンチンはコエンザイムQ10やビタミンEの数百倍もの抗酸化力を持つカロチノイドであり、健康には非常に良い効果がある。

★ 活魚と鮮魚は違うのか? ★

活魚とは調理されることを前提に生きて泳いでいる魚のこと、または水槽で魚を生かしたまま輸送することをいいます。生きた状態から即殺して、まだ死後硬直が始まっていない状態の魚も活魚と呼ばれます。これに対して、海水氷などで絞められてから魚屋さんに入荷し、死後硬直が解けた状態の魚が鮮魚と呼ばれます。また、刺身になってしまえばいくら鮮度がよくても、加工品扱いになるので鮮魚とは呼ぶことは出来ません。

★ 冷凍のワザ ★

 海の生態系においては、太陽光線から有機化合物を作り出す植物プランクトンが、食物連鎖の底辺になっています。植物プランクトンを食べるのがイワシなどの小魚と動物プランクトン。アジはこの動物プラントンを中心に補食しています。成長すると小魚も食べますが、口がマトウダイのように吸い込みに適した形状 ( だから口切れしやすい ) になっていることから分かるように、もともとはプランクトン食が中心の魚です。小さくて消化の速いプランクトンを常食にしているため、腹から腐敗が進みやすいアジは、すぐに血抜きして腹の中まで一気に冷やす必要があります。
 一般に深い海に棲む魚類はマイナス2℃まで氷結しませんが、回遊性の浮き魚はやや高いマイナス1.5℃で氷結します。この氷結温度からマイナス5℃までの間で、細胞内の水分の結晶が大きく成長します。結晶が大きいほど解凍したときに組織に隙間ができてグズグズになるので、冷凍の場合でも解凍の場合でもこの温度帯をできるだけ短い時間でやりすごすように心がけてください。
 生魚を何匹もまとめて冷凍するとくっついてしまい、一匹ずつ取り出して解凍することができません。面倒ですが、丸のままであれ、開きにしたものであれ、一匹ずつラップしてください。さらに上からアルミフォイルをきっちり巻き付けると空気が抜けて酸化防止になります。
 これを冷凍するときはとにかく早く凍るように、一枚ずつ隙間を空けて並べ、30分〜1時間経ったころに裏返して場所変えしてください。発泡スチロールのトレイは断熱効果があるので使ってはいけません。
 
  中型魚に向いたウラ技ですが、ラップで包んで凍らせたあと、いったん取り出して水につけてから再度凍らす方法もあります。体表に薄い氷の皮膜 ( glaze ) ができることで乾燥や酸化を防ぐ効果があります。食べるときは、表面と内部に温度差が出来ないよう、できるだけ10℃以下で解凍してください。常温で解凍すると表面だけ温度が上がってしまい、雑菌が繁殖するおそれがあります。
 唐揚げで食べるような小アジの場合は、ジップロックなどのチャック付き密封袋に塩水を入れ、丸のまま入れて凍らせます。海水だと雑菌が心配なので、水道水に重量比1.5〜2% ( 鮮度が落ちた場合は濃いめ ) の食塩を入れた人工海水に浸して凍らせます。これも早く凍らせるために1時間くらいたったらパックごと裏返してください。



九州釣り情報は株式会社ルミカが運営しております。www.lumica.co.jp
copyright (C) 2000-2010 LUMICA Co., Ltd. - Kyushu Fishing Information Service. all rights reserved.